プロフィール

 

20180125124209.jpg

 

出身  大阪府

年齢  50代

身長  168㎝

体重  66㎏

資格

 『リンパケアセラピスト認定コース修了』

 『ソフト整体認定コース修了』

 『アロマセラピスト認定コース修了』

 『AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー』

  『AEAJ認定アロマテラピー検定1級・2級合格』

 『日本温活協会 温活士』

 

     ~ メッセージ ~

はじめまして、「パーソナルマッサージ」を通じて、

不調や病気になりにくい身体作りのお手伝いをさせて頂いています

COCOROAROMA 代表のNAKAMURAです。

 

私がこの仕事をすることになったのは、10年程前になります。

 

母親が蜂窩織炎(ほうかしきえん)という病気にかかったのがきっかけです。

 

※蜂窩織炎とは、皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす 化膿性の細菌感染症で、

細胞自体を壊死させてしまう恐ろしい病気。

 

 

ある日の夜中、父親に母親の様子がおかしいと起こされ、

 

寝室に行ってみると母親は苦しそうにしており、左足が赤く腫れ、触れると熱を持っていました。

 

これはまずいと思い119番をコールし、病院に救急搬送してもらいました。

 

幸い大事には至りませんでしたが、暫く入院することになりました。

 

2週間ほど経って大分回復しましたがまだ足のむくみは残り、足のしびれを訴えていました。

 

しかし退院となり自宅に戻りました。その後もむくみは引かず、しびれは残ったままでした。

 

このままでは歩くことが出来なくなり、車椅子生活になるのではないかと不安を覚えました。

 

なんとかしないといけないと思い、母親のデイサービスでお世話になっているケアマネさんに、

 

相談したところ、デイサービスの介護施設からの訪問看護を勧められました。

 

訪問看護専門のベテラン看護師さんが自宅にやって来ました。

 

どんな治療をするのかを尋ねると、リンパを流す「リンパマッサージ」をするとのことで、

 

週に一度自宅で足湯と膝から下のマッサージをしてくれました。

 

するとむくみは徐々におさまり、いつの間にか足のしびれもほとんど無くなったと母親が言いました。

 

母親は元の生活が出来るようになり明るさを取り戻しました。

 

看護師さん、ケアマネさんに感謝!感謝です。

 

私はこの時、30年勤めた大手サービス系企業を早期退職していて、この先長く続けられる技術を手にしたいと考えていました。

 

まさしくそんなタイミングで「リンパマッサージ」に出会いました。

 

「リンパマッサージの技術を習得して、母親と同様の症状で困っている人の力になりたい」

 

「むくみやしびれに悩まされている人を助けることが出来たら、その人の家族も幸せに出来るのでは!」

 

そういう思いが強く湧いてきて、リンパマッサージの資格を取得して大阪市内でリンマッサージのサロンを開業しました。

 

少しずつお客様も増えて、今の技術では対応出来ないお客様の痛みや悩みに、

 

もっと幅広くお応え出来る様になりたいと思い始めていました。

 

そんな矢先、「新型コロナウイルス」が蔓延。

 

皆さんも同じだったと思いますが、状況が一変しました!

 

サロンは休業、暫く状況をみていましたが回復の目処が立たないのでサロンを撤収。

 

自宅にサロンの備品を持ち込み、いつになるかは予想がつかないけど再開に備えました。

 

コロナ禍でマスクが必須になり、外に出ると何度もアルコール消毒。

 

副反応を覚悟してのワクチン接種。

 

そして多くの人が、自己免疫力を高めウイルスに負けない身体にしたいと考えるようになりました。

 

そんな中、健康を維持するために適正な温度まで基礎体温を上げる活動である「温活」が世の中で注目されました。

 

私自身、身体を温めると疲れや痛みが取れることを実感していたので、

 

サロンを再開するなら「温活」に通じる「温浴」をとりいれたいと思っていました。

 

そして整体、リンパマッサージ、アロママッサージ等一つの施術にこだわらない、

 

お客様一人一人のお悩みにマッチした「パーソナルマッサージ」と「温浴」を取り入れたサロンをオープンすることになりました。



これからはからだの不調で悩んでいる人のために、「パーソナルマッサージ」 ×「 温浴」で、

 

免疫力を高めて健康な日々を送れる人を増やしていきたいと思っています。

 

 

COCOROAROMA  代表 NAKAMURA